サプリメントが手に離せない崖っぷち医学部予備校生の受験日記!

( 更新日:2020/12/06)

★多くの医学部受験生に選べる野田クルゼが人気の秘訣とは?★

2017年12月27日

野田クルゼ東京にある医学部予備校のなかでも人気が高い野田クルゼは40年以上の歴史と実績があります。当サイトではおすすめ予備校としてよくピックアップしている実力派です。医学部入試の人気増加に伴い、最近では多くの医学部予備校を見るようになりましたが、40年以上の指導実績がある伝統校は少数であり、他校にない豊富なノウハウと情報量があります。また、野田クルゼは関東では難関受験に圧倒的な強さを誇る早稲田アカデミー・グループの医学部予備校でもあります。早稲田アカデミーの看板講師が担当する特別講座もあり、普段の講師とはまた違った刺激と解法論を教えてもらえます。そんな野田クルゼは、直営寮をもつ数少ない医学部予備校です。校舎があるお茶の水から電車で1本の中野にある寮は自習室も完備しているので帰宅後や登校前に勉強することが可能です。自室ではなかなか集中できないという人も多いので寮内に自習室があるのは魅力です。また、医学部予備校でありながら現役校を設置しているのも珍しいです。大手予備校では主流になりつつありますが、ここは早稲田アカデミー系列という大手のDNAを上手く取り入れているようです。現役生が集中して学べる環境があるので、高卒生のイメージが強い医学部予備校ですが、高2、高3生が多いのも特徴です。あと、医学部予備校はどちらかと言えば私立向けの指導や対策を行っていることが多いです。これは、私立であればセンター対策が不要となるので、国語や社会の講師を雇わなくて済むので人件費のカットになります。また、私立1本に集中したほうが合格できる可能性も高くなるからです。しかし、野田クルゼは国立大医学部を目指す専用コースを設け、実際に合格実績も豊富です。しかも国立コースは、選抜によって対象者が限定される分、学費は総額71万円と大手予備校以下の負担で学べます。選考方法は、駿台や河合の模試偏差値で考慮されるので選抜試験の対策をする必要はありません。国立大学医学部志望者はぜひ模試結果を提出してみることをおすすめします。野田クルゼは、今では医学部予備校の風物詩となりつつある合宿講座を早い段階から取り入れるなど、医学部予備校をリードする存在です。東京で医学部受験対策を行う人はぜひ候補に入れてみることをおすすめします。

★冬期講習は医学部予備校選びの重要な指針となり得る★

2017年11月13日

季節講習で医学部予備校選び現役生、特に高2生にとってはこの冬から医学部受験対策を始める人も多いのではないでしょうか。少しでも早く始めることで4月スタートのライバルに差をつけ医学部現役合格の可能性をより確実なものとしてくれます。冬期講習は多くの進学予備校で実施されますが、おすすめは医学部予備校です。医学部を目指すのであれば専門予備校の方がノウハウや情報の質と量が違うからです。ただし、医学部予備校も東京や大阪など都市部は数が多いので、自分に合った学習環境を見つけないと思うように学力は伸びません。体験授業や説明会に参加して学習環境を自分の目で確認することは可能ですが、深く理解するところまではできません。そこで医学部予備校を選ぶ際の有効な方法が冬期講習の受講です。冬期講習は1,2週間ほどの短期間であるため、学習生活を送ることでより自分との相性を深く見極められることができます。体験授業の場合は、1教科の授業しか受講できないことも多いですが、冬期講習であれば医学部受験に必要な全ての授業を網羅できるので相性の善し悪しはより正確に把握できます。冬期講習を受講して良かったらそのまま継続して通塾すれば良く、仮に自分には合わないと思ったら他の医学部予備校を探すことができます。本科生のように1年分の授業料を振込んで後から転塾が難しくなるような心配が季節講習にはないのが魅力です。季節講習にこだわらなくても医学部予備校の場合は、現役生は学校生活との両立があるため個別指導のコースを設置しているケースが多いようです。個別指導ならいつからでも受講可能なうえ、1教科からでも勉強できるので春からの本格的な始動に備えて受講してみるのも1つの方法です。医学部予備校を選んだら後はもうひたすら勉強となり、相性や学習環境がどうこう言っている余裕はありません。医学部現役合格を目指すなら少しでも早い段階から予備校選びに着手していきましょう。

★医学部予備校主催の合宿講座は受講すべき!★

2017年10月16日

合宿講座これから冬期講習・直前講座の時期に移っていくため、現在は多くの医学部予備校で様々な講座が募集されています。なかでも医学部予備校で多いのが合宿講座です。ホテルに缶詰め状態となり、朝から夜までひたすら勉強に明け暮れる集中講座です。泊まり込みなので通学時間が発生しません。講師の人も一緒になって合宿講座に臨むため、いつでもフォローが受けられる徹底ぶりです。合宿講座なら冬休みの長期休暇を利用して実施されるので、遠方に住む受験生でも受講可能です。特に医学部予備校が近隣になくて利用していない人は参加することをおすすめします。医学部入試に直結した対策を集中して行えるため、知識を理解するだけでなく定着まで到達させることができます。毎日勉強に明け暮れる講座なので、最後まで乗り切れば最後の最後まで偏差値アップが期待できます。多くの医学部合格者で合宿講座に参加していて良かったという声を聞きます。大変ですが、それだけ実力がつく講座です。また、圧倒的な学習量をこなすため、達成感から自信へとつながり本試験でも気負いすることなく挑めるのも大きな魅力となっています。ただし、医学部予備校の合宿講座は生徒一人ひとりに手厚いサポートが提供できるよう少人数および定員制を採用しています。迷っている間に締切になってしまうケースもあるので、早めに申込を済ませておくことをおすすめします。合宿講座は沢山ありますが、長期間の時間が取れる人は野田クルゼがおすすめです。17日間にも及ぶ野田クルゼの合宿講座は合計250時間にも及ぶ内容となっています。正月返上で勉強に励むことで得点力を着実に身につけていけるのが魅力です。これでもかというくらい勉強できるので、徹底的に追い込みたい人におすすめです。いっぽう、時間があまり取れない人は、東京医進学院の合宿講座がおすすめです。こちらは1週間の期間で勉強していくカリキュラムとなっています。難関医大か中堅私大かの2種類の試験が選べるので、学力や志望校に合った対策ができるのが魅力です。冬休みの学習プランをまだ決めていない人は医学部入試に直結した合宿講座を検討してみてはいかがでしょうか。

★医学部は個別指導かそれとも集団指導を選ぶべきか?★

2017年9月04日

教室医学部予備校は、高い合格率と専門的な効率の良いカリキュラムが魅力的であり、多くの合格者を誕生させています。しかし、医学部予備校と言っても様々な指導形態がとられており、自分との相性を見極めたうえで選択しないと効果的に学力を上げられません。医学部予備校は大きく分けて個別指導と少人数クラスの種類があります。どちらもメリット・デメリットがあるので一概にいっぽうが良いとは言い切れないです。なので、まずは体験授業などに参加して自分はどっちの指導が適しているかを確認すると良いでしょう。個別指導の医学部予備校は、プロ講師からマンツーマン指導が受けられるのが特徴です。普通の予備校や学習塾なら大学生講師が担当しているケースも少なくありません。しかし、医学部予備校の場合は、一流と呼ばれる講師陣が直接指導してくれるので、高度な知識や要求される医学部入試も安心して頼れるのが魅力です。個別指導なので自分のペースで質問や相談が可能で、疑問などその場ですぐに解決できるスピーディーさが強みとなります。特に自分から積極的に質問できない人は個別指導のほうが聞きやすいのでおすすめです。あと、同じ教科でも生徒によって苦手・得意分野は微妙に異なってきます。個別指導なら自分だけの授業が受けられるので無駄が徹底的に排除されています。いっぽう、少人数クラスだってメリットは沢山あります。まず、個別指導のように付きっきりでない分適度な距離感が保たれています。それも近すぎず遠すぎない絶妙な距離感が維持されています。講師が近すぎると逆に集中できない、それでも講師は生徒一人ひとりの学習状況を把握しながら指導ができるので授業に取り残されるようなこともありません。また、集団授業で他の生徒と議論を交わしながら授業を行うことで新たな発見や理解につながることがあり、知識の理解を後押ししてくれるメリットもあります。ライバルの頑張りは刺激になり、自分の学習効果向上へもつながっていくので、少人数クラスは1人で勉強するよりも大きく学力向上を実現できる可能性が残されています。以上のように個別指導と集団指導の魅力を紹介してきましたが、最後は自分がどちらの環境が合っているかに関わってきます。環境選びに失敗して1年を棒に振らないよう慎重に選んでいきましょう。

★現役生にもおすすめしたい医学部予備校での対策★

2017年8月18日

現役生の医学部対策医学部予備校と言えば、朝から夜まで校舎にこもって勉強しているため高卒生向けのイメージがあると思います。確かに高卒生に力を入れた医学部予備校もありますが、最近は現役生を対象にしたコースを開設し始めている予備校も見られるようになりました。医学部を目指す現役生は大手予備校の医学部コースに通う人が多いともいます。しかし、現役時代に大手予備校で対策していた生徒が、医学部受験に失敗して医学部予備校に毎年たくさん流れていく過程を見ると、最初から医学部予備校に通うほうが良いかもしれません。医学部予備校はやはり少人数教育を行っているため日々の学習管理が徹底されており、タイムリーで自分に必要な勉強が行えるのが特徴です。大手予備校は生徒数も多いので生徒の管理体制は劣ってしまいます。その分マイペースに勉強できますが、超難関と言われる医学部入試においては、徹底した管理とサポートが必要な生徒が大半であると思います。では、現役生はおまけのような個別コースしか持っていない医学部予備校もありますが、一体どこが良いのでしょうか。おすすめはやはり早稲田アカデミー系列の野田クルゼです。他校と異なるのは、現役生専門校舎を持っていることです。野田クルゼも含め医学部予備校は高卒生が多いですが、現役生専門の学習環境が提供されているので、快適に学習できるのが魅力的です。しかも野田クルゼは、個別指導だけでなく少人数制の集団授業も実施しており、現役合格を本気で見据えたカリキュラムが用意されています。集団と個別の両方を上手く活用することで効率よく学力を伸ばすことができ、現役医学部合格が目指せます。また、難関入試に強い早稲田アカデミーとタッグを組んで特別講義を実施することでレベルの高い指導を実現しています。野田クルゼでは、高校1年生からコースが開設されているので、現役医学部合格を目指す高校生は早くから医学部予備校に通って専門教育を受けることをおすすめします。

★まだ諦めるのは早い!夏の合宿講座で医学部合格を勝ち取る!★

2017年7月03日

医学部予備校の夏合宿夏休みまで一ヵ月が切り、そろそろ夏期講習会などが医学部予備校ではスタートします。まだ医学部予備校を決めていない現役生などは、季節講習に参加して秋から勉強する場所を見つけると良いでしょう。特に夏休みの頑張りは、後半の成績向上に大きく影響してきます。言い換えれば、夏休みに必死で勉強した人は、現時点の学力に関係なく逆転合格が目指せるといっても過言ではありません。そのためには夏休みという豊富な時間を確保してライバルに負けないくらい勉強することです。そこでおすすめなのが夏合宿講座です。以前は、数校の医学部予備校でしか開講されていませんでしたが、人気の高まりを受けて今では多くの医学部予備校で企画されています。合宿講座の魅力は圧倒的な学習時間と学習量を確保できるとうことです。1日12時間は当たり前、ホテルに缶詰め状態でひたすら勉強します。ホテルで勉強するため県外生でも関係ありません。これを機会に首都圏の実績ある医学部予備校の指導を受けることだって可能です。講師も一緒に泊まり込みで指導に当たってくれるのでいつでも質問ができて苦手な分野を作りません。学んだことはその場ですぐに解決し、次から次へと効率よく知識を習得していくことが可能です。おすすめの合宿講座としては、野田クルゼの「夏の根底合宿」があります。合宿講座の先駆けでもあり、これまで多くの締切を出してきて人気講座です。夏は26泊27日と1ヶ月間ほぼ合宿で乗り切ります。勉強時間は400時間を超え、1クラス6名程度の少人数で指導してもらえるため、後半の飛躍的な学力アップが期待できます。朝8時30分から深夜24:30分までひたすら勉強できます。夜遅くまでとことん勉強してもホテルでの滞在のため治安なども気にする必要がありません。約1カ月間400時間を勉強に費やすことで精神力も鍛えることができます。また、ただ指導を受けるだけでなく、演習、ノートチェック、テストのパターンを毎日繰り返していくので、最も効率の良い学習法が身につくだけでなく、知識を徹底的に理解・定着させていくことが可能です。秋からの学習効率が非常に改善しており、スムーズに成績が伸びていくきっかけとなるので、医学部受験生にとって夏合宿は必須と言っても良いでしょう。

★医学部予備校が提供する注目のサポート制度「合格保証制度」とは★

2017年6月05日

医学部予備校比較ランキング医学部予備校は、医学部受験に特化した指導を専門的に行っている進学予備校です。医学部入試に関する豊富なデータや情報を有しているだけでなく、講師陣も医学部合格者を数多く輩出している実力派で構成されています。大手予備校と異なり、少人数で一流講師陣から指導が受けられるだけでなく、授業時間数も多いため学費は高額化しています。医学部予備校によって大きく異なりますが、一般的に200万円か600万円くらいの予備校が多いようです。そんな医学部予備校では、サポート体制が充実しており、受験生が医学部合格を実現できるよう色々と工夫されています。なかでも注目されているのが合格保証制度です。合格保証制度とは、1年間予備校で頑張ったにもかかわらず医学部に合格できなかった場合、翌年度の授業料が免除になる仕組みです。通常であれば2年目も200万円以上の学費がかかるところ、0円で1年間また勉強できるため、経済的負担が非常に軽くなります。2浪、3浪が当たり前となっている医学部入試では非常に魅力的なサポート制度となっています。ただし、合格保証制度が適用されるためには、日々の授業や模試の出席、予備校側が指定する医学部を受験するなど、諸条件が設置されているのでそこは注意しておきましょう。合格保証制度は生徒にとっては非常に魅力的である分、医学部予備校にとってはその分の収入が減るわけですから決して好まれる制度ではありません。ただし、言い換えれば、合格保証制度を付けられるだけの指導力があるという自信と余裕があるということを見て取ることができます。1年で医学部合格を実現させられる能力がなければ、そもそも合格保証制度は付けないわけですから。したがって、医学部予備校の合格保証制度は、2年目の授業料の心配が不要となり、かつ高い指導力を期待することが可能となります。予備校選びの際は、ぜひ合格保証制度の有無をチェックしてみることをおすすめします。

★医学部を短期間で合格するなら大手ではなく専門予備校がおすすめ!★

2016年5月13日

医学部予備校比較ランキング医学部は年々難易度が増加しており、今では志望校別の対策をしっかりと行わないと合格が難しいのをご存知でしょうか。私立大学医学部でも相次ぐ学費の値下げにより、サラリーマン家庭でも目指せる大学が多数出てきています。そのため、優秀な生徒で医学部を目指す層が増えており、レベルが上がっています。しかも、医学部では面接試験を取り入れだし、また現役・1浪までの受験生を好む大学も増えているので、1年でも早く合格することが重要となります。そんな難関受験を短期間で突破するには専門の医学部予備校で学ぶのが一番です。医学部を目指す受験生は大手予備校か、専門予備校のどちらかで迷うかと思います。両者には一長一短がありますが、短期間での合格を目指すなら医学部予備校です。医学部予備校は、少人数または個別による指導が一般的なので、講師との距離が非常に近く手厚いフォローを受けることが可能です。講師は大手予備校で活躍する講師のなかでも医学部受験に強いプロが指導を行っているケースも多く、質が劣ることはありません。医学部に必要な範囲だけを効率よくかつ効果的に学習できるメリットがあります。学習進捗状況や成績管理なども徹底しているのが特徴で、自己管理が苦手な人でも途中で挫折することなく本試験まで密度の高い受験生活が送れます。ただ、医学部予備校は教室ごとにユニークな指導を行っているため、無料体験や入学説明会を受けるなどして自分との相性を見極めてから選ぶことが大切です。

医学部 予備校はコチラ

URL:xn--0kq33cz5c8wmwrqqw1d.biz

サプリメントが手に離せない崖っぷち医学部予備校生の受験日記!

ページトップへ戻る

管理人情報

Copyright (C) サプリメントが手に離せない崖っぷち医学部予備校生の受験日記! All Rights Reserved.